蒸気機関車

雨。ツユのような雰囲気

先日、部屋の整理をしていたら、懐かしい本が出てきた
d0136422_0225464.jpg
昔、本屋さんの書架には必ず並んでいた保育社の「カラーブックス」シリーズ
その152冊目になる「蒸気機関車」
昭和43年7月1日の初版本だったりします
いまさら著者を見れば、かの廣田尚敬氏

子供の頃、本当にドキドキしながら「読んだ」というより「見た」憶え有り



d0136422_031973.jpg
この写真は当時のお気に入りで、いまでもドキドキしますw
d0136422_0315688.jpg
この写真も好きです
d0136422_037159.jpg
これも好きだった
パラパラとめくっていると、ああそーだ!と1枚の写真
d0136422_0382342.jpg
クズ屋のケ100
久留米なら近いじゃないかと思った憶え

今から思えば、久留米は九州(^0^;)
東久留米といっしょにしていた気がするww

久しぶりに読んでみると、いろいろ勉強になります
特に、巻末の方に蒸気機関車の仕組みとか運転とかの解説があっておもしろい
D51の全検費用が690万円だって(当時の通貨感覚で)
あれやこれやと機関車をほとんどバラバラにして、試運転を含めて7日で終わらせていたそうです
[PR]

by gyojinsou | 2013-05-19 22:14 | 写真 | Comments(0)